FC2ブログ

藤沢「インクルーシブ公園」見学!

2021年04月02日 16:39

 インクルーシブ公園は、年齢も障がいも性別も国籍も越えて、誰も仲間はずれになることなくみんなが一緒に遊びやすい設計(ユニバーサルデザイン)になっています。

 神奈川県では県立公園に順次設置の方向ですが、県内初藤沢市秋葉台公園に4台設置されたので行ってきました。車いす用のスロープのついた複合滑り台、揺らしたり回転させたりする遊具2台、そこの深いシートのついたブランコです。

 インクルーシブ遊具は、アメリカなど海外で普及し、国内では東京都に整備。神奈川県は共生社会の実現をめざしているから、県内にも早く実現してほしい。障がい児を持つ親の会からも要望されています。

IMG_20210402_110916.jpg IMG_20210402_110816.jpg 1617372890501 (2) 1617372886214 (1) 1617372872321 (3) IMG_20210402_110940.jpg

後援会長石田省三郎さんの写真展に行く!

2021年03月29日 20:17

石田会長は、弁護士のかたわら、福島原発刑事裁判係争中であり、公務員扱いのため、後援会長は休止しています。今回、久しぶりに銀座の事務所兼ギャラリーをお邪魔した。
 石田会長は、2018年写真作家としてデビューされました。3.11福島原発の事故で帰還困難地域での撮影した作品集を作りました。
 今回は、ピンホールカメラを使い、銀座の交差点を四方向を夜間に撮影されたもの。難しくて説明を受けました。「Integral」という題目は「積分」という意味だそうです。
光で描いた「光画」は、福島原発からの送電電力によって彩られた大都市の夜景、電力に依存する都市生活の危うさを想起させるものというテーマだそうです。写真評論家のタカザワケンジさんも絶賛しています。


IMG_20210329_110916 (1)

ミャンマー国軍に対し、国民に対する弾圧、暴力を 即刻停止するよう求める

2021年03月29日 15:23

2021年3月29日
ミャンマー国軍に対し、国民に対する弾圧、暴力を即刻停止するよう求める
立憲民主党代表
枝野幸男

 ミャンマー国軍は、国際社会の非難をよそに、非武装の国民に対し武力の使用を含む弾圧行為を続け、一日で子どもを含む100人
以上が治安部隊に殺害されるという深刻な事態を招いています。

 犠牲になられた方々に心から哀悼の意を表すとともに、ミャンマー国軍の蛮行を強く非難し、国民に対する弾圧と武器の使用を即刻
停止するよう強く求めます。

 これまでも、国際社会の多くが国軍に対して非難を繰り返し、平和的に民主的な政治体制を回復させるよう求めてきましたが、残念ながら事態は深刻化する一方です。

 日本政府は、ミャンマーとのこれまでの緊密な関係に基づいて国軍に自制を求めてきましたが、ことここに至り、国軍に対して、国際社会とともに毅然としたさらなる強い姿勢で臨み、平和的な事態の打開を求めて全力で働きかけるよう求めます。

県議会日華議連に「台湾パイナップル」いただく!

2021年03月26日 20:26

 中国政府は3月1日から「不当な圧力」で台湾産パイナップルの輸入を停止しています。パイナップルの一大産地である台湾の屏東県は昨年コロナ禍、神奈川県にマスク1万枚、防護服などの医療物資を寄贈してくださり県ともかかわりが深いです。

今回、台北駐日経済文化代表横浜張所長が台湾産パイナップルを応援いただきたいと台湾産パイナップルを持参くださいました。

そのままでも美味しい甘い果実に感動!酢豚、チャーハン、サラダ、いろいろ料理に使いました。多くの人に台湾産パイナップルを食べて応援しよう!

張さんは着物のリメイクのワンピースを着てこられ、素敵でした。一緒に記念撮影!

IMG_20210326_164323.jpg IMG_20210326_163521.jpg IMG_20210326_170842.jpg

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第8弾)リバウンド防止対策

2021年03月25日 20:58


協力金の概要 補正予算額341億円約4万件分
県は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県内にある対象店舗に対して、4月1日から4月21日までの間、時短営業を要請しました。
対象となる店舗を運営し、時短営業又は休業にご協力いただいた事業者の皆様に対して、「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第8弾)」を交付します。

事業者の皆様に対する要請内容等について
・ 対象期間 令和3年4月1日(木曜)から令和3年4月21日(水曜)
・対象地域 県内全域
・対象施設 食品衛生法に基づく飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けた店舗等
・要請内容 5時から21時までの時短営業(酒類の提供は11時から20時まで)

対象店舗
営業の形態や名称にかかわらず、通常21時から翌朝5時までの時間帯に営業し、食品衛生法に基づく飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けている店舗

交付額
1店舗あたり最大84万円(予定)
「時短営業した日数」×4万円を交付予定です。


最新記事